Home < クリニックについて < スタッフについて

スタッフ紹介

  新垣総子

  院長

ひとつでも多くの笑顔をー。

不妊診療をする中で思うことは、本当に医療の介入が必要で、医療が介入したことで赤ちゃんを授かる人はごく僅かだということです。
当クリニックで不妊治療をして妊娠する方の多くは、私達不妊診療に携わるスタッフとの会話やアドバイスで身も心も元気になることで妊娠しているように感じでいます。
私が不妊診療において心掛けていることは、ひとりでも多くの患者様が妊娠することはもちろんですが、それ以前にひとりひとりの患者様が、治療に前向きに笑顔で通院できる環境を作っていきたいと強く願っています。(いつもいつもできているとは限らないのですが・・・)
そうすることが赤ちゃんを授かる一番の近道だと信じて診療しております。
通院されている全ての皆様が望み通り赤ちゃんを授からないということも事実で、不妊治療が全く意味のない人生で無駄な時間になってしまわないようにするにはどうしたら良いのかを考えていくことが私の使命ではないかと思っています。

  

Profile
1969年 福島県いわき市に生まれる
1994年 琉球大学医学部医学科卒業
     医師免許取得後、虎ノ門病院産婦人科に研修医として産婦人科全般を学ぶ
1997年 八重洲中央クリニックにて生殖医療に携わる
1997年 はるねクリニック銀座にて高度生殖医療を学ぶ
2002年 高橋ウィメンズクリニック(千葉市)に勤務
2005年 大宮レディスクリニックに副院長として就任
2012年 あらかきウィメンズクリニック開業

  看護師長

〜子供を授かりたいと願うお二人のサポーターでありたい〜

私が心掛ける看護は、治療を始める時も、先に進む時も、そしていつか終わりを迎える時もお二人が「自分たちにとって意味のある経験だった」と振り返って頂ける看護です。
そのために、お二人と共に考え悩み、最良の選択が出来るような情報提供や相談を行っていきたいと考えております。現在の生殖医療は多様化し、様々な情報の中から「自分たちで選択する」難しさを患者様が抱えているのではないかと思います。皆さんが「○○○して良かった」「○○して納得できた」と思っていただけるよう、微力ではありますがサポートさせていただきたいと思います。何かお困りのことがあったら、是非お声掛けください。

Profile
日本看護協会認定 不妊症看護認定看護師
日本生殖医学会認定 生殖医療コーディネーター
日本マタニティフィットネス協会認定 プレマタニティフィット インストラクター

  培養室長

お預かりした卵を大切に見守っています。

私達「胚培養士」は高度生殖医療において、卵子・精子・胚を取り扱う技術者です。
卵子や精子、胚という生殖細胞の培養管理を主な業務としております。
私達が常に心掛けていることは、全ての患者様に安心して卵子や精子を預けていただけるよう、清潔かつ安全な培養環境づくりです。
普段はあまり患者様とお会いする機会はありませんが、プレART外来では、皆様に卵子や精子、胚のことをもっと知っていただくために専門性を活かした相談を行っています。疑問やご不明な点がありましたらご相談ください。

Profile
日本哺乳動物卵子学会 生殖補助医療胚培養士