Home < 体外受精

体外受精について

胎合い受精とは?
体外受精は排卵誘発剤などを使用して(調節卵巣刺激)成熟させた卵巣内の卵子を採取し、
体外でご主人の精子と受精させ、子宮内に移植し着床を待つ方法です。

体外受精
体外受精はどんなケースに検討されるか?
  • 女性側
    卵管が閉塞しているなど卵管に原因がある場合
    子宮内膜症などが原因で体外受精が適用になる場合
  • 男性側
    精子の数、運動率が極端に少ないなど男性因子が強い場合
近年、晩婚化により不妊治療を受ける方の年齢も高くなっています。
何も原因が見つからないのに不妊状態が続く場合は年齢が原因となっている可能性があります。
この場合、AMHなどの卵巣予備能力を考慮しながら体外受精をお勧めするケースもあります。
顕微授精とは?
顕微授精

採卵によって採取された成熟卵の細胞質に1個の精子を直接注入する方法です。
この顕微授精が開発されたことにより、従来治療が望めなかった高度男性不妊症の治療が可能になりました。
顕微授精はどのような場合に検討されますか?
重症精子減少症、精子無力症、精子奇形症や抗精子抗体陽性例または、精巣上体精子や精巣精子を用いる場合が適応となります。
また体外受精を行った際に受精が得られなかった場合(受精障害)にも顕微授精が検討されます。