Home < 体外受精について< 胚移植について

胚移植について

胚移植とは?
採卵後、体外受精や顕微授精によって受精が成立した受精卵を胚と呼びます。
一定期間培養し、子宮内へ専用のカテーテルを用いて移植する方法です。

胚移植

平成20年の日本産科婦人科学会の会告により、生まれてくる子への健全な福祉と多胎防止の観点から、原則として移植する胚は1個とされています。
ただし、35歳以上の女性や2回以上続けて妊娠不成功であった場合には2個の胚移植が許容されています。
新鮮胚移植・凍結胚移植
移植方法は「新鮮胚移植」と「凍結融解胚移植」の2種類があります。
近年の傾向として、凍結融解胚移植のほうが妊娠率は高くなっています。理由として、日本における胚凍結技術が発達していることが挙げられます。また、採卵の周期では排卵誘発剤を使用しホルモンが過剰な状態ですと着床しづらいことが挙げられます。

新鮮胚移植・・・採卵を行った周期に移植(採卵後数日後)
  • メリット /良好な胚の状態で移植が可能
  • デメリット/排卵誘発剤を使用するため過剰なホルモンによる着床障害

凍結胚移植・・・ 採卵終了後、胚をいったん凍結しておき、以降の月経周期で凍結してある胚を融解して移植のみ行う
  • メリット /着床の環境が良い
  • デメリット/凍結・解凍により胚にストレスが掛かり移植がキャンセルとなる場合がある
胚移植とは?
<目的>
  • 新鮮胚移植においての着床障害を回避する
  • 余剰胚を後々の治療周期で利用する
  • 重篤な卵巣過剰刺激症候群(OHSS)が予想される場合
  • 子宮内エンドトキシンが陽性の場合

<方法>
クライオトップと呼ばれる棒状の特殊な容器に胚をのせ、−196℃の液体窒素中で瞬時に凍結します。
胚の状態により1本あたり1〜5個を凍結し保存します。クライオトップ1本が移植1回分となります。

<保存期間>
理論的には半永久的に保存可能です。日本産婦人科学会では、女性の生殖年齢まで保存して良いとの見解です。
胚移植プランニングについて
採卵日に相当する日と胚の年齢を一致させて移植を行います。
移植に向けて子宮内膜の環境を整えます。排卵を利用して内膜を調整する「自然周期」とホルモン剤を使用
して内膜を調整する「HRT周期」 があります。